コラム

2021年「アンダーズ マカオ」がギャラクシー・リゾーツにオープン。統合型リゾートに初のアンダーズブランドのホテルが開業。

2021年前半にラクジュアリーなライフスタイルホテルであるアンダーズ マカオが「ギャラクシー・リゾーツ」にオープン。
ギャラクシー・インターナショナル・コンベンションセンター(GICC)と16,000席の大規模なイベント会場のギャラクシーアリーナが共に併設。

「アンダーズ マカオ」は、MICEに訪れる多くの方に対応し、「専用のチェックインラウンジ」「700を超える客室やスイートルーム」「アンダーズラウンジ」「バーやレストラン」「最新のフィットネスセンター」「屋内プール」などを兼ね備えている。

アンダーズ マカオは、ギャラクシー・マカオと繋がることで、延床面積110万平方メートルの施設にあるユニークなエンターテインメント、世界的に有名な高級ブランドが200以上並ぶショッピングモール、レジャーやアトラクションへのアクセスが可能に。

またホテルから、ミシュランの星を受賞したレストランを含む120の飲食施設やギャラクシー・マカオに隣接するブロードウェイ・マカオのブロードウェイ・フードストリートなども楽しめる 
 
GEGの副会長であるフランシス・ルイ氏はこのように語る。

「今日、ラグジュアリーな旅を好む人々は、ユニークな体験と、旅先の文化に真に溶け込む機会を求めています。マカオには様々な楽しみ方があり、豊かな歴史や文化があります。ハイアットと緊密に連携して、アンダーズ マカオがこの土地での特別な楽しみを体験する機会を創造するとともに、マカオの観光およびMICE産業の強化に貢献することとなります。」 

ハイアット ホテルズ コーポレーションのアジア太平洋地域グループプレジデントであるデビッド・ウデル氏は次のように語る。

「ギャラクシーと協力のもと、マカオでアンダースブランドのホテルを、最も発展著しい統合型リゾートの一部となってオープンすることは大変名誉なことです。
グローバルな視点でその国の都市や文化と個性を尊重した、アンダースブランドは2020年末までにアジア太平洋地域の施設数を2倍にする予定です。
マカオや台北、三亜、深圳、厦門などの大中華圏で強力なパイプラインを構築します。 」 

「お客様とつながり、お客様の目を通して世界を体験する」というアンダーズマカオ。
アンダーズはヒンディー語で「パーソナルスタイル」を意味し、ブランドの独自性にも通ずる。

ニューヨーク、ロンドンから上海、ソウルと世界中のリゾート地とアンダーズのホテルは協力。
お客様が単なる訪問ではなく、その土地と真に関わり、これまでと違う本物の体験が出来るように日々感覚を刺激する体験を提供。

ゲストの好奇心を刺激し、満足させる環境を作りづけるアンダーズ マカオ。
これからも刺激的な、新たな旅の提供をし続けてくれるだろう。


 

公式HP

ギャラクシーエンターテインメント
https://www.galaxyentertainment.co.jp/